前へ
次へ

リノベーションで負の遺産をプラスにする

廃墟となってしまった建物がある場合、取り壊しを行うことが一般的ですが取り壊しができない場合もあります。
また取り壊しには費用がかかってしまうので、中々踏み切ることができないということもあるでしょう。
地域に負の遺産となる廃墟があった場合、建物の外観を生かすことができるのであれば、リノベーションを行ってプラスに替えることを考えてみるとよいでしょう。
発想を変えてみることによって、地域の活性化にも役立つことがあるかもしれません。
もちろん、リノベーションができないような劣化をしている物件もあるので、その場合には取り壊しを行うということになるでしょう。
物件の状態をチェックした上で生かすことができるのかどうか、ということを考えてみるとよいです。
色々な条件もついてくるかもしれないので、しっかりと調査を行った上で判断をしなければいけません。
どんなリノベーションを行うべきなのか、ということも十分考える必要があります。

Page Top