前へ
次へ

リノベーションのメリット

リノベーションは、家全体を改修するもので、間取りや内装などを自分の思い通りにすることができ、新築時より大幅に住宅性能を上げることができます。
リフォームの場合は、部分的な改修にとどまってしまい、性能も新築時と比べて同等以下になるでしょう。
思い通りの住宅に住むのであれば、新築住宅を購入すればいいと考える人もいるかもしれませんが、購入費が高くなってしまいます。
リノベーションした方が新築住宅を購入するより、平均的に4~5割程度安く、いい物件といい施工会社を見つけられればさらに割安に。
建築後20年経過すると、マンションの価値はほぼ横ばい状態になり、場合によっては景気の影響などにより上がることもあるとされています。
築15年程度までは資産価値が下がり、購入すると損した気分になることもあるでしょう。
新築住宅に比べれば、中古住宅は数が多いです。
また先に行った通り、新築より基本割安で済むので、住みたいエリアにある物件を探しやすいです。

Page Top