前へ
次へ

空き家をリノベーションして外国人に

近年日本は少子高齢化で大変なことになっています。
65歳以上の高齢者の人口は全体の人口の25%に達しています。
それに対して若い世代の働き盛りは、減少傾向なのです。
これでは日本の経済が 発展するわけがありません。
そこで日本政府は対策を考えました。
本来日本は外国人の入国に対しては、 大変厳しい条件をつけていました。
そんなことを言っている場合ではないのです。
外国人たちにもどんどん日本にやってきてもらい、日本のために働いてもらわないと、日本の経済が発展しません。
そんなわけで外国人が日本にどんどんやってくるようになります。
そんなときに困るのが住宅対策ではないでしょうか。
心配は要りません。
日本全国には、たくさん放置されている空き家が存在するからです。
それらの空き家をリノベーションして、外国人に貸し出すという方法が取れます。
空き家をリノベーションするのにはまとまったお金が必要です。
そんなお金を銀行から融資してもらうことは簡単です。
と言いますのは政府がそれを後押ししているからに他なりません。

Page Top